足の疲れを取るマッサージ!自分で疲れをとってあげましょう。

足の疲れを取るマッサージ!自分で疲れをとってあげましょう。

歩いたり、走ったり、昇ったり、降りたり。
体の中で一番使っている部分は足ではないでしょうか。

 

 

その時の状態によって足の疲れ具合も変わってきます。
ヒールの高い靴を履いたまま、立っているもしくは動いている
時間が多ければ、その分足の疲れも相当なものになりますよね。

 

 

足の疲れがひどくなると、頭痛や腰痛なども引き起こす場合もありますから、
早めの解消が必要です。

 

 

足の疲れにはずばり!
足の疲れを取るマッサージが効くのではないでしょうか。

 

 

さて、この足の疲れを取るマッサージ方法ですが、もちろん
リラクゼーションサロンなどで施術してもらうのが一番気持ちよく、
確実に疲れをとることができますが、自分自身でも充分マッサージ可能です。

 

 

まずは、足の指一本一本を開き、丁寧にマッサージしていきます。
長時間、靴を履いていると足が指から固まってしまいますので、
まずは指をほぐすところからです。

 

 

次にくるぶしにあるリンパに沿って下から上へ流すようにマッサージしていきます。
リンパに沿ってマッサージすると、むくみもとれます。

 

 

ふくはぎの筋肉が緊張している状態ならば、両手を使ってもみほぐしましょう。
また、足の裏側にあるつぼを刺激するのもマッサージの一つです。

 

 

マッサージに時間をかけて、丁寧に行えば自分自身で足の疲れを十分にとることが可能です。