足の疲れには湿布が一番

足の疲れには湿布が一番です。

普通の足の疲れなら一晩寝れば治るかもしれませんが、
日頃歩き慣れていない足の疲れやマラソンなどの酷使した足の疲れ、
予想外の距離を歩いたことによる足の疲れなどは
なかなか一晩で取れるものではありません。

 

 

また筋肉痛などのような足の疲れの場合は
整体などに行けば治るかもしれませんが、
だるいような足の疲れはなかなか取れないのです。

 

 

よく湿布を貼れば足の疲れが取れると聞きますが、
ただ貼ればいいというものではないのです。

 

 

寝る前にお風呂で長い間使って足をしっかりマッサージをして、
次に水気を十分に取って足のふくらはぎに湿布を貼ってそのまま
横になるのです。

 

 

睡眠をしっかり取っている間に足に貼った湿布が効果を発揮して
足のそこに潜んでいた疲れまでを十分に取ってくれるのです。

 

 

ここでのポイントはお風呂に入ったときしっかりマッサージをすること、
水気をしっかり取って足にしっかりと湿布を貼る事、この2つをきちんと
守れば足の疲れは必ず取れます。