立ち仕事の人は注意、偏平足からくる足の痛み

立ち仕事の人は注意、偏平足からくる足の痛み

立ち仕事で足が疲れる、というのは、普通ですね。

 

 

疲れが溜まると、だるさや痛い時もある、
というのも、まあ問題ありません。

 

 

しかし、疲れが痛みになり、痛みが取れない、
痛みが続くというのは、隠れた問題があるかもしれません。

 

 

痛みにも、しびれを伴うものや、長く続くものがありますので、
一度専門医を受診した方が良さそうです。

 

 

受診して、腫瘍や骨の異常が見られない場合は、
偏平足が原因かもしれません。

 

 

偏平足の原因は、足の靭帯が伸びてしまい、足の裏を形造る
3つのアーチが崩れていまうのだとか。

 

 

長く立ち仕事に従事していたり、加齢が原因により、
偏平足になる人が増えているようです。

 

 

この足の裏の3つの自然なアーチの動きをサポートする靴も
販売されています。
また、持っている靴に、専用の中敷きを入れるだけのものもあります。

 

 

自分の靴が、足に合っているかも非常に重要なので、
シューケアやフットケアの専門家がいる靴屋さんで、
一度相談してみるといいでしょう。