旅行で足の疲れを感じないために

旅行で足の疲れを感じないために

楽しい旅行で足が疲れて、仲間と一緒に歩くのも嫌になっては
折角の旅行も台無しですね。

 

 

そうならないためにも、旅行前には歩く事を意識して生活していると、
旅行中でも疲れが少なくなります。

 

 

それは毎日足の筋肉を使う事で、足が慣れているからなんです。
日頃から歩く習慣を持つと良いと思います。

 

 

しかし、長い移動時間で足を自由に動かせない時や、窮屈な
移動時の車内などで、どうしても同じ姿勢にせざるを得なかったり、
観光地に坂道などが多く疲れた場合は、なるべく早くその疲れを
取りたいものです。

 

 

泊りがけならば、お風呂にゆっくり浸かって、足をマッサージします。
足の裏からふくらはぎと足三里を押します。

 

 

これだけでも次の日はかなり楽になっていると思いますが、
出来ればゴルフボールのような丸くて少し硬い物等で、
足の土踏まずをコロコロ転がすように揉みほぐすと、
随分疲れが和らいできます。

 

 

小さくてそれほど重くはないので、
旅行バッグの隅にでも入れておくと便利だと思います。