適度なヒールは足の疲れを感じさせません

適度なヒールは足の疲れを感じさせません

ハイヒールを履いていて足の疲れを感じる、ということは良くあることですが、
ならば、まったくヒールのない靴を履けば足は疲れないのか、
というとそうではありません。

 

 

まったくヒールのないフラットの靴も、腰に負担をかけて、
足が疲れてしまうのです。

 

 

靴のヒールは3センチ?5センチくらいあったほうが、
足が疲れないのです。

 

 

もちろん、足に合った靴でなければなりませんが、フラットシューズも
足を疲れさせるというのは、案外気づいていないことだと思います。

 

 

ハイヒールを履いて歩くと足が疲れますが、ハイヒールを履き慣れると
足がそのヒールの高さに慣れて来て、フラットシューズを履くよりも
足が疲れにくくなるということもあります。

 

 

極端なハイヒールは足を疲れさせますが、適度なヒールは足を疲れから
守ってくれて、長時間歩いていても、疲れを余り感じないものなのです。

 

 

腰の位置をしっかりと固定するには、ある程度のヒールがあるほうが
足の疲れには効果があるのです。