足浴で足の疲れを解消しよう

足浴で足の疲れを解消しよう

足が疲れているときは、足の血行をよくすることが
一番の改善策です。

 

 

お風呂にゆっくりと浸かることもいい方法ですが、
もっと手軽に行える足浴がおすすめです。

 

 

短時間に済ませられますし、テレビを見ながら、
音楽を聴きながらなど、リラックスしているときのついでに行えるので、
面倒くさがりの人にもぴったりの方法なんですよ。

 

 

お湯の温度は体温よりも少し高めの38度前後、
お湯の量は足首まですっぽりとお湯に浸かるくらいを目安にしましょう。

 

 

温度を一定に保つことを心がけ、ぬるくなってきたと感じたら
お湯を少し足して温度調節を行うことがポイントです。

 

 

足を浸けている時間は10分程度で十分効果があります。
長く浸けすぎてしまうと、逆に疲れが生じてしまうということも
ありますから注意が必要です。

 

 

足浴は足の疲れやむくみを改善させるだけでなく、
冷え性の改善や寝つきをよくする効果、
自律神経を安定させる効果もありますから、
毎日継続して行うといいですよ。

 

 

翌日まで足の疲れを引きずらないよう、足浴で手軽にフットケアを
始めてみるのはいかがですか?