なぜ足が疲れるのか

なぜ足が疲れるのか

足の疲れを取る方法を説明する前に、
まずなぜ足が疲れるのかを説明します。

 

 

足が疲れる理由を簡単に説明すると、血液の循環が悪くなり
疲労物質がたまるからです。

 

 

では血液の循環が悪くなるのはどういう時かというと、筋肉が
固まっている時です。

 

 

立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢の状態が続くと
筋肉が固まって血液の循環が悪くなりそこに疲労物質がたまるのです。

 

 

また心理的負荷がかかったときにも、筋肉は固まるので立ち仕事を
している方はたまりやすい状態にあると言えます。

 

 

ここまで説明すれば足の疲労を取る方法がわかる方もいるかもしれません。

 

 

その方法とは筋肉をほぐして血液の循環を良くして、
たまっている疲労物質を流すというものです。

 

 

もう少し具体的に書くと、シャワーだけではなくしっかり入浴をする
(その際にマッサージをすればなお効果的です)、寝る前にストレッチをする、
仕事中にもふくらはぎの筋肉を伸ばすなどのストレッチをする、などです。